HOME > アプリ・システム開発 > アプリ・システム実績例 > 在宅医療機能マップ・相談システム

在宅医療機能マップ・相談システム

2017.12.04

在宅医療後方支援体制構築事業ソフトとして

兵庫県医師会様より、各地域における在宅医療資源情報(訪問医療実施機関・在宅療養支援診療所・訪問看護・訪問歯科・在宅関連施設等)の収集とマッピング・その空き情報等が適時地区圏域内に提供出来る仕組みを、28年度に引き続き、介護関係情報との連携も視野に地区毎に整備し、各圏域では、それに対応し具体的な調整のできる人材(在宅医療推進調整員)を育成する。目的として、「在宅医療機能マップ・相談システム」を開発することになりました。

目的

1.各医師会事務局の調査員が相談窓口となり、在宅医療の紹介・問い合わせに対応できるクローズドなシステム。
2.在宅医療に関連する診療所、病院、訪問看護ステーション、ケアマネジャーなどのエリア・医療機能情報を管理。
3.日々業務における在宅医療機関の「相談」内容の履歴を管理できるシステム。

ご提案

●使いやすいデザイン・システム構成
兵庫県内の各医師会事務局が、各在宅医療機関を検索しやすい項目でまとめ、即座に対応できるようにする。
●各事務局が検索しやすい項目をカスタマイズ
検索項目において、各市内のエリア分け、診療科目、各種検索項目など、医師会ごとにカスタマイズできるようにする。
●サーバー管理
一元でセキュリティ管理するため、専用サーバー内でシステム構築。VPN接続によりクローズドな管理とする。
●今後の仕様変更に対応
今後、追加が予想される在宅医療に関連する機関が増えた際、基本システムを活かせる構成・デザインとする。

在宅医療機能マップシステム

●在宅医療関連施設(診療所、病院、訪問看護ステーション、ケアマネージャー)の各種情報を「複数検索」、「地図検索」、「名称検索」、「空き検索」で検索できます。
●候補となる施設を選択後、詳細画面にて「対応可能な曜日・時間」「対応可能な治療」「空き状況」など各種条件内容で比較検討することができます。

相談システム

●相談一覧画面にて、「月別アーカイブ」、「解決」、「未解決」で並び替えする表示ができます。また「相談内容」、「相談者」で検索することができます。
●相談詳細画面にて、「受付日時」「相談者」、「連絡先」、「内容」などの事例内容を登録。何時にどのような対応をしたのか、「解決」、「未解決」タグ付けし、時系列に履歴管理することで、担当者が変わった場合でも次の対応に役立てることができます。
●情報登録する際、シンプルな画面にて項目毎に簡単に入力できます。