HOME > アプリ・システム開発 > ソフト納品までの流れ

ソフト納品までの流れWorkflow

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせフォーム」 又は下記お電話よりお問い合わせください。
Tel.078-230-7525
受付時間 9:00〜18:00(土日祝を除く)

現状の調査・分析

現状の調査・分析

スタッフがお客様と直接打ち合わせをし、どんなソフトウエアを作りたいのか?どのような機能を実現したいのか?というソフトウエアの「目的・形態・機能」の3つの内容から、費用対効果の高いソフトウエアの制作を行うため、お客様の希望等を聞き、目的にあわせた内容と構成を考えます。ヒアリング後に、最適な操作性を実現できる環境を調査し、その後、ヒアリングに基づいた資料を作成、構成企画をまとめ提案します。構成内容に関しては、その場で目的等を確認し、柔軟に変更可能です。

仕様決定、ご契約・発注

仕様決定

ソフトウエアの内容に関して、打ち合わせ等を行い構成を決定していきます。受注を受けた内容に沿ったラフイメージを作成いたしますので確認をしていただきます。イメージが問題なければご契約していただき、その後制作を開始いたします。企画にあたって更に改善する点などがあれば、この時点でブラッシュアップを行います。ネットワークソフトでは通信環境も審査します。

ソフト開発

ソフト開発

企画に沿った制作を開始します。サイトの内容によって期間は変わりますが、付加機能、レイアウト変更が大きいと、時間はかかります。その都度改めて制作にあたり発生した問題点・修正点、等がある場合は内容の確認打ち合わせが必要になる場合があります。テストデータにて軽いプレビューを行います。修正点・改善点などがある場合、訂正を開始します。「訂正」→「確認」を繰り返し、ソフトウエアの構築と安定化を行っていきます。 出来上がり次第、本番にできるだけ近い環境にてチェックを行います。

納 品

納品

テストが完了したソフトウエアを組み込みます。ネットワークソフトの場合は、組み込みに加え、回線のテスト、ネットワーク内でうまく連動しているのかを確認します。 確認後検収となります。管理が必要なものは引き続き管理に移ります。

運用・管理・サポート

運用・管理・サポート

一般的な組み込みソフトウエアは管理は不必要ですが、ネットワーク系のソフトウエア、サーバーが伴いインターネットを利用するものに関しは、外部からの攻撃に対し防衛する必要があります。そのため、当社ではリモート管理又は自社設置における管理を行い安全性を高めます。