HOME > レセコンORCA > ORCA導入までの流れ

ORCA導入までの流れWorkflow

事前準備

データ移行

現在お使いのレセコンの頭書データを、日レセへ移行いたします。
●保険情報移行
データコンバート
日医標準レセプトソフトは、使用していたレセコンから過去のデータを日医が公開しているデータ形式のCSVファイルに変換することで、スムーズにデータベースに取り込むことができます。
データ移行対応済みメーカー名
・サンヨー Medicom ・日立 ・日立(旧沖電気) 
・東芝メディカル ・富士通 HOPE
データ内容
・患者情報 ・保険情報 ・公費情報

短縮コード付加

現在お使いのレセコンのマスターリストを元に、コードを作成いたします。医薬品・診療行為に短縮コードを入力することにより、事務効率が上がります。

基金・国保
への申請

コンピュータによるレセプト提出を代行申請いたします。(毎月10日締)
●基金・国保にコンピュータを使用するにあたり、申請いたします。

インストール

マシンスペックを確認後、Linux(Debian)、日医標準レセプトソフトをインストールいたします。

ハードウェア設置

ご指定の場所へ設置いたします。(設置時間:約1~2時間)

操作指導

インストラクターがご訪問し、日医標準レセプトソフトの一連の操作方法をご指導いたします。
(約10時間)

  • 患者名登録
  • 診療行為入力
  • 病名入力
  • レセプト作成
  • 総括表発行等

本格稼動

本格稼働月より、レセプト請求いたします。

サポート

Eメール・電話・FAXによるサポート、訪問メンテナンス・プログラムの更新、各種設定、メンテナンスを行います。