HOME > コラム > ランディングページの最適化

ランディングページの最適化

コラム

ランディングページとは?

ランディングページとは、ユーザーがランディング(着地)するページ、Web広告においては広告をクリックすると表示されるページのことを言います。これは必ずしも自社サイトのトップページである必要はありません。ユーザーの離脱率を減らしコンバージョン率を高めるためには、広告を配信するターゲットに対してページを最適化し、また出来るだけページ遷移の必要がないものにする必要があります。Googleアドワーズ(GoogleAdwords)の広告掲載順位や支払金額は広告ランクに基づいて決められます。広告ランクは「入札単価×品質スコア」で算出され、ランディングページの利便性は品質スコアを決定する要素の一つに位置づけられているため、ランディングページの最適化はGoogleアドワーズにおいて非常に重要になります。

ユーザー目線での施策を考える

せっかく広告費を支払っているにもかかわらず、訪問したユーザーが多く離脱してしまうページのままでは成果に繋がらず、広告費の無駄遣いになってしまいます。ランディングページの最適化はLPO(Landing Page Optimization)と呼ばれWebマーケティングでも非常に重要な要素であると言われています。LPOの基本は訪問したユーザーにとってどれだけメリットのある情報を提供できるかということも重要ですが、購入・資料請求ボタンの位置や移動ためのリンクなど、ユーザーが迷うことなくサイト内を移動して目的を達成することができるように導線を整えておくことも重要です。先ずはユーザーになったつもりでサイトをチェックし、「少しでも手間だと思う点がないか」「わかりにくい箇所はないか」など、問題点を洗い出してその改善に取りかかってみましょう。

成果を上げるページを作成しよう

ページを読み進んでもらうためには、ファーストビューが勝負となります。ユーザーは広告をクリックして最初に表示される画面を見てページを読み進めるかどうかを判断しています。キャッチコピーは「大きく」「短く」「簡潔に」、ターゲットが探し求めていた情報を入れ込むことで、ターゲットの興味・関心を引くことができます。視覚に飛び込んできやすいメインビジュアルもユーザーの気を引く重要な要素です。キャッチコピーと整合性のある写真を選ぶとより効果的です。「会員数10000人突破」「満足度94%」のような具体的な数字や、「○○新聞掲載」「雑誌○○に特集されました」などのメディア実績があれば、ファーストビューに掲載することで、ユーザーの信頼感を得ることもできます。ランディングページは広告からの流入を前提としているため、その広告配信設定で絞ったターゲットにいかに響くものを作りこめるかが、反応率を高めるキーとなります。

メックコミュニケーションズではネット広告・アクセスアップのお手伝いを承っております。またホームページ制作も手がけておりますので、お客様のご要望に沿ったランディングページのご提案も可能です。とりあえず話を聞いてみたいという方もお気軽にご相談ください。