HOME > コラム > ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告とは?

コラム

潜在顧客への効果的なアプローチ方法

Googleが提供しているディスプレイ広告は、Googleの検索結果ページ以外のYouTubeやブログなど、Googleが提携している200 万以上のウェブサイトと 65 万種類以上のアプリに広告を掲載できるしくみです。Googleではディスプレイネットワークと総称されています。ユーザーの行動履歴や、指定したコンテンツ内容、出稿しているキーワード・広告文等の情報をマッチングさせて広告が表示されるため、潜在的な顧客に対してアプローチすることが可能になります。インターネットを利用しているユーザーは、利用している時間の90%はウェブサイトを閲覧しており、検索している時間は10%程度になります。検索連動型広告は検索していないユーザーには訴求できないという弱みがありますが、Webサイト内に自然に目につく形で広告を掲載するディスプレイ広告は、検索連動型広告では獲得できないユーザー層へのアプローチが可能となります。検索連動型広告と一緒に実施すれば、更なる広告の成果も期待できます。

ターゲティングの設定

Googleのディスプレイネットワークではさまざまなターゲティングを行うことができます。ユーザーを対象としたターゲティング方法と、配信先を対象としたターゲティング方法を組み合わせることが可能なため、より絞り込んで効率的にユーザーにアプローチすることが可能です。
リマーケティングでは、自社の特定のページに訪れたことがあるユーザーにディスプレイネットワーク上で広告を配信することができます。追いかけ配信とも呼ばれており、顕在ニーズを持った見込み度の高いユーザーにアプローチすることができるため、効果が出やすくなります。
コンテンツターゲットでは設定したキーワードおよび広告文をもとにして決まったテーマと、Googleディスプレイネットワーク内のページコンテンツのテーマをマッチングさせて広告を表示します。設定したキーワード・広告文と関連性が高いと判断されたウェブサイトに自動的に広告が配信されます。
プレースメントターゲットではディスプレイネットワーク上にある特定のWebサイトや掲載箇所を指定して広告を配信することができます。前述のコンテンツターゲットで設定した配信結果をを分析し、反響の良かったプレースメントを絞り込んで設定すればより効率的な広告の配信が可能になります。
他にもユーザーの年齢・性別や地域、また配信曜日や時間のスケジュールなどを細かく設定することも可能です。

画像と動画広告が有効

ディスプレイ広告は検索連動型広告よりも配信できる広告の種類が多く、画像と動画広告はユーザーに視覚的に訴求することができます。テキストに比べ画像や動画は表現力が高くインパクトが強いため、ユーザーの興味や関心を引くことが可能になります。クオリティの高い画像や動画を制作できればより効果を期待できるはずです。

メックコミュニケーションズではネット広告・アクセスアップのお手伝いを承っております。また、お客様のご要望に沿った画像・動画やランディングページの作成などトータルなご提案も可能です。まずはどうぞ、お気軽にご相談ください。